高円寺モダン喫茶 焙煎DISCO 茶蔵

高円寺モダン喫茶 焙煎DISCO 茶蔵

*

【遠藤音楽ブログ】No.001(2016.4.10)

      2016/04/19

こんにちは。

茶蔵の音楽担当、遠藤です。

今月から音楽ブログをのんびりとふわふわやっていきたいと思います~。
どうぞよろしくお願いします♪

DSC00150
 

私のことをあまり知らない方もいると思いますので今までやってきたことをざっと言いますと、タワレコでバイヤーやったり、アパレルショップの店内BGM選曲したり、店内にレコードショップ作ったりと、常に音楽に携わる仕事をしてました。

 

音楽が好き。
楽器が一切できないので聴く専門ですが、、、
特に仕事柄、聴いた曲をどう聴かせるか。どう見せるか。どういう雰囲気に合うか。どういうシュチュエーションに合うか。
など、曲を何かに当てはめるのが好きなんです。。

なんか面白いんです。

そういう聴き方で10年以上やってきたのでもう聴いた瞬間に条件反射で当てはめちゃう病ですね(笑)

でも店のBGMやDJの選曲する上では非常に役立ってるっていうのもあります。。
日頃から時間ある時はちょこちょこ掘り掘りしてるんですが、
世界中にはまだまだ素晴らしい音楽がいっぱいありますね。

パッケージ販売、配信、フリーダウンロードなど手法は様々ですが、ざっくざっくあります。

それを探して見つけるのがこれまた楽しい!!

そんなわけで、掘り掘りして探した有名無名問わず、いい音楽と思った曲もしくはアルバムを紹介していきたいと思ってます♪

今年リリースした中だけでも結構な量がありますので、、、ちょっとずつ(笑)

 

 

今回はアルバム3タイトルです!

blog12
BIBIO / A MINERAL LOVE

BIBIOことStephen Wilkinson。
新作は一切サンプリングを使わず、様々なスタイルの音楽に触れた経験や記憶を土台にして作り上げた作品だという。

柔らかく温かく美しい彼の歌は、新しいはずなのに馴染みやすさがある。

既視感。デジャヴ。

だからこそ、僕らの心をギュッと掴んで離さないんですね~。

https://www.youtube.com/watch?v=-_GDl6cBebQ

 

blog13
 

Quentin Sirjacq / far islands and near places

フランス人作曲家・ピアニストQuentin Sirjacqが
洗練された楽曲構成の中にクラシックとモダンの手法を取り入れた本作。

ピアノやフェンダーローズ、マリンバやヴィブラフォンが織り成すポリリズム。
リズムパターンに襲われそうになるこの感覚、そうは出会えないっす。

https://www.youtube.com/watch?v=PeZ703em0Tc

 

blog14 SASAC / FUTURE DISC EP

スウェーデンの奇才SASACによるAOR感満載のモダン・ブギー!

甘美に奏でられるギターとメロウに打ち込まれるビート。
アーバンに響き渡る煌くトワイライト。

耳がとろけるわ。。

https://www.youtube.com/watch?v=m6I4PTw77zM&feature=youtu.be

 

 

Written by 遠藤 雅人

 
***********************
焙煎DISCO 茶蔵
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3-34-2 T.ダジュール1F
03-5356-6070
14:00~23:00 (L.O 22:30)
なんと14:00-18:00までランチタイム!!

The following two tabs change content below.
遠藤雅人

遠藤雅人

焙煎DISCO茶蔵の音楽,ドリンク担当。 タワーレコードで長年培った知識が財産。 レコードやCD販売のバイヤーも兼ねる。 自身もDJとして活躍中。

 - 遠藤音楽評論

  関連記事

endo73
【レコード大国茶蔵】お宝がたくさん販売している焙煎DISCOに密着。

先週開催された、Record Store Day 2017!     茶蔵も1日 …

blog18
【遠藤レポ】りんご音楽祭2016

こんにちは! 茶蔵の遠藤です。       9/2 …

写真3 (1)
【遠藤音楽ブログ】Life is Good Music 002

こんにちは。 茶蔵の音楽担当、遠藤です。     音楽ブログ …