高円寺モダン喫茶 焙煎DISCO 茶蔵

高円寺モダン喫茶 焙煎DISCO 茶蔵

*

【大蔵コラム】雑誌『東京人』3月号掲載に寄せて・・・。

   

新幹線のごとく駆け抜けていく毎日だけど。
ふと立ち止まって深呼吸をしたら、見えてくるストーリーがある。

本当は、知っていたらもっと楽しいかも。
だけども毎日は待ってはくれない、子供の頃のように時の流れはゆるやかじゃない。

小学生の授業中、教室の時計の針のすすむ遅さよ。
あのくらい滔々と時が過ぎるのならばきっと、なんて思ってしまう>_<

もうあの時は戻らないけれど、この本を読んでいるときだけは時計も針を遅めてくれます☆

東京人。

「中央線の魔力」と特集された3月号はここ割烹DISCO大蔵も取材してくださったのですが、さすがに中央線モノだけあって中野~吉祥寺の本屋さんには大体いちばん目につくところに陳列されていますね♪

高円寺特集のキュレーターはHOT WIREの代表取締役にして高円寺フェスの実行委員長・佐久間ヒロコ氏。
ライターは松田慶子さん、カメラマンには矢幡英文さん。

ありがとうございましたm(_ _)m

最初取材を受けたときにはなんとなく撮られたり答えたりしていたのですが、本が完成してビックリ、とっても厳選された中に入れていただいてる・・・。

有り難いという思いと同時に、高円寺という街、中央線の文化の奥深さが沁み入りました。

東京人という雑誌を読んでいると心が豊かになっていくのを感じれる。
少し小さめの大きさと、紙質、字のフォントなどもきっと手伝って。

東京人を片手に鈍行列車でブラリ旅に出かけたらきっと、ひとときのスローライフを味わえるんじゃないかなぁってね(*^^*)

そう思える所以となった東京人2016年3月号を、以下に引用しながらリポートいたします☆

IMG_4890IMG_4891

「高円寺の駅を降りると、空が広く感じられる。高いビルがないからだ。駅の北側には、ねじめ正一の直木賞受賞作の舞台ともなった純情商店街や、庚申通り商店街、中通り商店街、南側にはアーケードのかかったパル商店街や、エトアール商店街ほか、いくつもの商店街が集まり、街を形成している。」

「高円寺の駅ができたのは1922年。折しもその翌年、関東大震災が起こり、1945年には空襲で焼け野原になったものの、まもなく再興され、前述のように商店街で賑わう街となった。」

「高円寺は、意欲のある新進の店にはやさしいが、チェーン店には厳しい。その証拠に、高円寺にはユニクロもスタバもない。高円寺の人は、それを誇りに思っているんです。」

「区役所のある阿佐ヶ谷、土日でも中央線快速の停まる荻窪に比べ、高円寺は何もない。しかし、だからこそ夢を持って一人暮らしをする人、地方から出てくる人には敷居が低いようだ。芸人や俳優の卵が多く住んでいるのがその証左だろう。必然的に、さまざまなアイデアとエネルギーがもたらされる。」

佐久間さんのインタビューを交えながら、ライター松田さんは上記のように高円寺を考察してらっしゃいます

これだけでも、知らなかった情報がありますし、高円寺という街への見方も改められる思いです。

そうして割烹DISCO大蔵に関してはこう綴ってくださっています。

IMG_4898
「新しいことを始めようという、やる気が感じられる。料理も手を抜かずおいしい。」

極めて普通なレビューだと感じられるかもしれない。
けれど歴史ある街で数多の店舗を経験された方からいただいた言葉だけに、ズッシリと響きました。

思いました。
私たちのお店は日本にあり、東京にあり、高円寺にあるのだと。
そしてその文化の一端を担っているのだと。

これは正直、毎日くりかえされるルーティンの中で割烹DISCO大蔵というお店と関わっている私たちにとっては、意識することの難しい視点だと思うんです。
現に我々はそんなことを意識できてないですし、プライドみたいなものも持ち合わせておりません。

でも、もしかすると今後、この東京人3月号を読んで、楽しみにここを訪れる方が一人でもいらっしゃるかもしれません。

そう思うと、ご期待に添えたいなと思うのが人間の心理でありますね(笑)

「東京人」という雑誌は愉しいなぁ、という見解の一方で、その被写体の一部であるという自覚も必要なのかなと。

なんにしてもライター松田さんの綴る文章は読んでいて快適ですし、矢幡さんのお写真も上品で綺麗。
佐久間さんは”SHOW-OFF”というフリーペーパーを年に4度発行もされています、こちらも合わせて、今後ともイチ読者として楽しませていただきたいと思ってます(*^^*)

ひとつの雑誌、読み物が誰かの生活に潤いをもたらしたら、そんな素敵なことはないですね♪

IMG_4897 *****************

◆割烹DISCO 大蔵◆
営業時間 18:00-5:00 月曜日定休
03-5327-8490
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-21-20 明邦ビル2F

【大蔵はJR高円寺駅徒歩2分】
JR高円寺駅北口出てすぐ左手、マックの目の前の”中通り商店街”を入って最初の十字路ファミリーマートを右に曲がり、4軒目左手明邦ビル2F。
詳しい行き方はこちら↓↓↓
【道順】JR高円寺駅から大蔵への道順紹介☆ 

http://twitter.com/kappo_daizo
http://facebook.com/kappodisco

 - 大蔵コラム , , , , ,

  関連記事

IMG_9211
【チャリティーまだまだ!!】豪華3ブランドのスペシャルノベルティーご紹介!!!

Watusiさんの廃盤レコード大放出という大ニュースを放ったばかりですが、 まだ …

【命の息吹に囲まれて】花や植物がくれる元気

割烹DISCO大蔵が大切にしている3原則。   【音楽】 【サードプレ …

【大掃除】そして生まれ変わった割烹DISCOの第4章。

大掃除をしたんですね。     高円寺の和食DJ居酒屋。 & …

jin2
【黒龍さん大ピンチ!?】日本酒革命、存続の危機・・・!!

大分県宇佐市出身、当店のお酒マイスター、 黒田 仁こと黒龍さんの存在が脅かされる …

【撮影終了!!】ご協力いただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!!

昨日、私たち3店舗のイメージムービー撮影を行いました。 急な呼びかけにも関わらず …

IMG_6130
【珍企画!!】お隣のBarとバーテンダーを交換する「スタッフ甲子園」

バーテンダーを交換・・・・??? スタッフ甲子園って何・・・・??? 珍企画登場 …

東京遊戯ポスター
【5.16sat】東京遊戯@clubasia開催に寄せて・・・。

当店が5/16に開催するパーティー「東京遊戯~白夜~」がclubasiaの5月p …

IMG_5761
【新メンバー紹介】こんにちは、下村拓也(しもむらたくや)です!

最近、割烹DISCOに新メンバーが加入したってよ!! そうです、EXILEばりに …

【本日一周年】津田沼Mediterraneoへ愛を込めて・・・

津田沼にあるBBQ Rave Kitchen。 Mediterraneo。   …

DSC00413
【Nature of Evergreen】made by Iria Sachi Tanosaki

割烹DISCO大蔵の今季春夏テーマは 『Nature of Evergreen』 …